読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族って

今日0:17から、4日0:17まで絶賛実験中!

パム・グラウトの思考は現実化する、

か、しないか。

可能性のフィールドを信じるという第一段階目


それかどうかはわからないけど

母と弟のいざこざ。

私はこれを解決させたいといつも思っていて、やはりでてきた。


弟はボーナスが入りウキウキ気分で買い物をした。本当に久しぶりに。

楽しそうだった。

それを家族がいる前で公開して、母に見せていた。

きっと家族みんなに見せたかったんだろう。


だが母はそっけない

さらに

どこで買った?なんでそんな高いの買った?サイズ測ったの?

の心配の一点張り。


当然弟は、うるさい!と怒る。


母、黙る。


弟、気を取り直して試着してみせる、


母なにも言わない


弟、困る


私に話しかけるが

私はテレビをみている、そっけない。笑

ごめん弟。笑


父は寝ている


弟、懲りずに母にどう?これいいでしょ?と話す


母、困りなにも言わず


弟、スネる。

居間に持ってきたのが間違いだったと、自分を責める





いやいやいや!!!まって!

本音じゃないよそれ


全部本音じゃない!


弟は、楽しい気持ちを報告したかっただけなの。そしてよかったね、楽しかったねっていってもらいたかったの。

でも、心配の言葉が続いて否定された気持ちになって、悲しくなって寂しくて、どうしたらいいかわからなくなって、自分を責めた。

違うよ!弟悪くない。

弟よ、君は愛されているんだよ。


母、心配なのはわかるから、どうか弟が楽しかったんだって気持ちをそのまま受け止めてほしい。

よかったねって、ただそれだけでいい。


なのに、なんでできないのかな。

きっとそんなこと言われて育ってないから、愛しかたがわからないんだね。

母よ、母も悪くない。なにも悪くない。

いっぱいいっぱいで、心配しただけなのに怒られて、困ってどうしたらいいかわからなくなって、無になって、言葉が出なくなったんだよね。知らんぷりしたんだね。


それで、私と弟はずーっと傷ついてるの。

母はわからない。解れない。


でも、私は気づいた。

これ、言えるかな 笑

言うしかない


はーーー年明けからすごいもの降ってきたなーーーー。重っっっ!笑